幕末維新

西南戦争のきっかけとは?西郷隆盛はなぜ決起したか?

ヤスアキ
ヤスアキ
こんにちは!管理人のヤスアキです。西南戦争のきっかけとなることを記事にしたいと思っているんだ。
みほ
みほ
西南戦争といえば国内最後の最大の内乱と呼ばれる薩摩士族の反乱よね。その大将の西郷隆盛はなぜ決起したの?
ヤスアキ
ヤスアキ
その部分に焦点を当てて調査してみたよ。順を追って説明するね!

 

西南戦争のきっかけとは?西郷隆盛はなぜ決起したか?西郷隆盛の下野と私学校設立

 

 

ヤスアキ
ヤスアキ
明治6年(1873年)10月23日、西郷さんは征韓論に敗れて辞表を提出したんだ。この辞職で陸軍少将桐野利秋、同篠原国幹、村田新八を中心とした薩摩人約600人が辞めて鹿児島に帰ってしまうんだ。
みほ
みほ
600人って凄い数ね。
ヤスアキ
ヤスアキ
それだけ西郷さんの影響が大きいんだよ。政府が恐れるわけだよね!

 

鹿児島に帰った西郷さんは好きな狩猟に明け暮れて、

のんびりとした日々を送っていました。

その翌年の明治7年6月、旧薩摩藩厩跡に私学校

が設立されました。

ちなみに校舎の建設費等の経費の全てが県から出て

いました。

これは県令大山綱良が西郷の同志であったため、

全面的に協力したからです。

私学校は篠原国幹が監督する銃隊学校、村田

新八が監督する砲隊学校からなっていました。

生徒も数万を数えます。

要は数万人の軍隊を擁する私設軍隊であり、

政治結社だったのです。

この時点で既にきな臭いものがありますね!

 

西南戦争のきっかけとは?西郷隆盛はなぜ決起したか?政府との対立

 

 

ヤスアキ
ヤスアキ
日本中で廃藩置県や地租改正が進んできけど、鹿児島では税金を国に一切収めなかったんだ。また、官吏の人事も独自に行っていて政府の指示に従わなかった。
みほ
みほ
まるで独立国ね。政府から見たら怖いでしょうね。

 

明治9年に政府が廃刀令(3月)、金禄公債証書

発行条例(8月)を交付しました。

これは士族の特権と矜持を踏みにじることでした。

10月になると、24日に神風連の乱、27日

秋月の乱、28日萩の乱と立て続けに西国で士族

の反乱が起きます。

この反乱もあって政府では鹿児島が中央に従わず、

独立国のように振舞っていたため、いつ反乱を起

こすか分からないといった恐れもあり、大きな問題

となっていました。

また薩摩士族の反乱も恐れていました。

そのため政府薩摩閥の大久保利通は鹿児島の県政

改革をしなくてはなりませんでした。

しかし鹿児島県令大山綱良に妨害され上手くいき

までんでした。

大久保の苦悩を見て腹心の大警視川路利良は23

名の警察官や学生を密偵として鹿児島に潜入させ

ました。

更に鹿児島にある陸軍省所管の武器弾薬を大阪

へ移動させることにしました。

三菱汽船赤竜丸が密かに差し向けられ、県庁にも

届けず、夜間に積み込みを始めました。

この動きが私学校若手急進派を刺激してしたった

のです。

29日、遂に若手急進派20名が火薬庫を

襲撃します。

30日には1000人以上の私学校の生徒が

火薬を襲いました。

この襲撃は2月2日まで続きます。

同時に私学校生徒は密偵捕縛にも力を入れ

始めます。

そして2月3日に密偵中原尚雄を捕縛した

のを皮切りに、ほとんどの密偵を捕縛しま

した。

そして激しい拷問にかけ、密偵の目的が

「西郷暗殺」にあったと自供させました。

だがこの自供はかなり怪しい。

激しい拷問の末に作成されたもので、もう

私学校側は政府との対決に完全に傾斜していた

からです。

とにかく私学校最高幹部にとって密偵が自供し

た暗殺計画の真偽はどうでもよく、戦争への

口実が欲しかっただけなのです。

一方政府側も私学校の火薬庫襲撃密偵団の大

量捕縛は持て余していた私学校に対する弾圧

の口実となりました。

 

西南戦争のきっかけとは?西郷隆盛はなぜ決起したか?開戦へ

 

 

ヤスアキ
ヤスアキ
私学校と政府は戦争寸前の状態になってしまいました。
みほ
みほ
もう一触即発の段階ね。結局薩摩の士族の新政府の廃刀令と金禄公債証書発行条例に対する不満が私学校設立に結び付き、そして政府に反抗する行動を取り、とうとう火薬庫襲撃、密偵団の大量逮捕に繋がったのね。
ヤスアキ
ヤスアキ
そうなんだ。大雑把に言えば政府対薩摩士族の戦いといえると思う。

 

この私学校の火薬庫襲撃事件や密偵団大量捕縛と

いう大騒ぎの中、西郷隆盛は大隅の小根占で狩猟

を楽しむ悠々自適の日々を送っていました。

つまりこの大騒ぎの中、西郷一人が蚊帳の外に

いたわけです。

そこに西郷小兵衛と辺見十郎太らがやってきま

した。

そこで西郷に政府との一連の争いを伝えたのです。

辺見十郎太らの記憶では、刺客事件を伝えると

言葉を失って、その内「一(大久保一蔵(利通))

はなんちゅうこつをすっとか」と怒ったように

何度も大久保の名前を口に出したといわれてます。

次に私学校生徒の火薬庫襲撃を話すと、「ちょっ

しもた(しまった)」と呟いた後、「ないごて

弾薬などを追盗っせえ(なぜ弾薬等を盗むのか)

とか「汝(わい)どま、弾薬に何の用があっち

ゅうとか」と辺見達をどなったといいます。

この一件を見て、西郷さんが決起する気は無か

ったことが分かりますね!

そして私学校幹部が決起で考えが一致している

と聞くと、異議を唱えることもなかったといいます。

2月5日、私学校講堂で西郷を迎えて幹部会議

が開かれました。

議論は白熱、意見は二つに割れた。

別府伸介、辺見十郎太等の出兵上京論、永山

弥一郎等の出兵慎重論に分かれ、喧々諤々の

議論が行われた。

出兵慎重論が優勢になると篠原国幹が、「おは

んな死んどが恐ろしくて議をいうとな」と発言

出兵慎重論を黙らせました。

議長役の桐野利秋が「先生の決裁を仰ぎたいと

思う」と発言。

西郷は「もう何も言うことはなか。おはんたちが

その気なら、おいの身体は差し上げもそ」と答え

ました。

こうして遂に西郷隆盛は私学校幹部に無理やり

引っ張られる形で決起したのです。

 

ヤスアキ
ヤスアキ
西郷隆盛は弾薬庫襲撃事件や密偵団の大量逮捕をした私学校の生徒だけでなく、幹部達にまで引っ張られる形で首魁に祭り上げられて、自分の意思とは関係なく決起したんですね。なんだか悲しい話です。

 

西南戦争のきっかけとは?西郷隆盛はなぜ決起したか?まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は西南戦争のきっかけについてまとめてみま

した。

実は西郷隆盛が決起には反対で、私学校幹部や

生徒に押される形で参加したという姿が見てと

れますね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です