幕末

土方歳三の思想はどのようなものだったのか?簡単にわかりやすく解説

土方歳三は言わずとしてた新選組の副長です。

鬼の副長と言われる程恐れられていましたね。

何故あれほど鬼になれたのか?

何故最後まで戦い抜いたのか?

土方歳三の思想を探っていきたいと思います。

それではよろしくお願いいたします。

 

土方歳三の思想はどのようなものだったのか?

 

尽忠報国

 

文久3年(1863年)の浪士組結成当時の土方歳三の思想は尽忠報国です。

この思想は浪士組募集の際のスローガンでした。

 

土方歳三
土方歳三
尽忠報国を説明しよう。「尽忠」とは、国家に忠誠を尽くすことだ。 「報国」は外国から日本を命をかけて守る。つまり攘夷のことだ。この時点では俺たちの思想は尊王攘夷ということだな

 

この時は朝廷と幕府の関係は良好であったため、土方歳三の思想である尽忠報国も成立していました。

しかし元治元年(1864年)8月に外国船に砲撃していた長州藩がイギリス、フランス、アメリカ、オランダの四ヶ国艦隊に攻撃を受け、大損害を被りました。

このことは幕府に大きな衝撃を与え、横浜開港に応じてしまいました。

これは今までの攘夷政策を捨ててしまったというわけです。

そして幕府は元治元年(1864年)9月に攘夷鎖国的な政策を全て放棄し、開国しました。

これにより新選組の主君的存在の徳川幕府が攘夷から開国に変わってしまったことにより、尽忠報国思想は崩れ去ってしまったのです。

 

思想から士道による規律へ

 

土方歳三は今まで掲げていた「尽忠報国」という思想が崩れ去ってしまったため、新選組をまとめあげるスローガンを失ってしまいました。

そこで新たに作り出したものが士道でした。

この士道による規律で隊士が縛られるようになったのは、思想集団としての存在が危うくなってきた慶応元年(1865年)ごろです。

 

永倉新八
永倉新八
士道に背くかどうかは、土方さんの独断と偏見で決められたんだ。それで士道に背くと解釈された隊士は切腹させられた。あの山南(敬助)さんですら切腹させられたんだ。一体何人の隊士が切腹させられたか・・・・

 

山南敬助は試衛館以来の同志で、新選組の大幹部です。

その山南敬助ですら切腹させ、士道に背くものは切腹させることを隊士に分からせたのです。

こうして新選組は士道という規律で、土方歳三の下一つにまとまったです。

このような状況で土方歳三は、思想的に動いて新時代を切り開くという目標は持ちえず、古い身分制度での出世を望むようになります。

具体的に言えば徳川幕府の旗本になることです。

 

土方歳三
土方歳三
俺もそうだが新選組の隊士は武士でない者や氏素性の知れない者までいる。そんな連中を引っ張っていくのは容易じゃない。そこで士道により強烈にまとめあげ、武士よりも武士らしく、旗本を上回る活躍をしなくてはいけなかったんだ

 

こうして新選組は土方歳三の士道を強制した厳格な組織運営の下、高い戦闘力を発揮し、旗本に取り上げられました。

 

士道から節義へ

 

土方歳三の士道強制路線は成功し旗本になりましたが、江戸幕府は慶応3年(1867年)に滅亡、旗本では無くなってしまいました。

その後は新政府軍と戦い続けます。

どのような価値観が土方歳三の胸の中にあったのでしょうか?

それを紐解くカギが明治元年(1868年)9月に仙台藩重臣への発言の中で以下のような信条を語っています。

 

土方歳三
土方歳三
徳川家を支えてきた親藩、譜代の大名が状況が不利になると、あっさりと敵方についた。これは許せない事だ。武士道の上から問題になるが、人としての道を踏み外している。なんと情けない

 

この土方歳三の心情を一言でいうと節義という言葉になります。

節義とは志を変えず、人としての正しい道を守るという事です。

 

土方歳三
土方歳三
俺にとっての節義は、一旦徳川家に加担した以上、どんなに不利になっても徳川家のために戦い抜く。それが俺の信念さ

 

このため土方歳三の戦いに勝ち負けは関係なく勝算は二の次で、戦うことだけが目的だったのです。

 

土方歳三の思想についてまとめてみた

 

いかがでしたでしょうか。

今回は土方歳三の思想についてまとめてみました。

最初は尽忠報国でしたが、次は士道、節義と変わっていきます。

結局思想は尽忠報国だけでした。

しかし士道も節義も土方歳三が有することで、後世の人に魅力を持たれる人物にさせたのは事実です。

土方歳三にとって欠かせない概念であったといえるでしょう。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です