武田信玄

武田信玄対小笠原長時の塩尻峠の戦い!両軍の動きをわかりやすく解説

武田信玄の名前を知らない人はあまりいないと思います。

今回は武田信玄と信濃守護職小笠原長時の間で行われた塩尻峠の戦いを解説いたします。

武田信玄のファンの方は、塩尻峠の戦いにご興味をお持ちのことと存じます。

そこで誰にでも分かるように分かりやすく解説いたしました。

最後までお付き合いいただけたら光栄です。

 

武田信玄対小笠原長時の塩尻峠の戦いをわかりやすく解説

 

画像

「甲信勢力図」

 

小笠原長時について

 

 

画像

 

「小笠原長時」

 

小笠原長時のことを簡単に説明します。

小笠原氏は元をたどれば甲斐源氏で、いわば武田氏と同族です。

南北朝・室町時代に信濃守護となり、信濃において一大勢力となりました。

しかし信濃一国を支配するには至りませんでした。

そのためこの時期、信濃国では村上義清が勢力を伸ばしています。

 

塩尻峠の戦いの前哨戦

 

武田家は信玄の父信虎の代から信濃侵攻を繰り返してきました。

天文14年(1545年)になると本格的になります。

武田信玄は伊那郡へ出兵、4月17日に高遠頼継が籠る高遠城を落としました。

さらに小笠原長時の娘婿の福与城の城主藤沢頼親を攻めました。

小笠原長時は福与城の北方の龍ヶ崎城を拠点にして武田方に応戦しました(「小平物語」)。

しかし武田信玄は今川・北条の援軍を呼び、兵数で優位に立ち、同年6月1日に宿老板垣信方が龍ヶ崎城を落とします。

これにより小笠原長時は抵抗する拠点を失い著しく劣勢になったため、本拠の林城に退却しました(『高白斎記』)。

小笠原長時は弓馬を取っては勇猛でしたが、軍隊を指揮する能力は余り無かったとされています。

しかし武田信玄が村上義清に上田原の戦いで大敗しました。

更に上田原の戦いから2か月後の4月25日に村上義清が逆襲にでて、武田領の佐久郡に侵攻、村上方に付く豪族が相次ぎ、前線基地の内山城は焼かれ、前山城は落とされてしまいました。

 

小笠原長時
小笠原長時
これは好機!反武田の勢力と結んで武田を信濃から追い出すのじゃ~

 

上田原の戦いは天文17年(1548年)2月に行われました。

この戦いで諏訪郡の郡代板垣信方が討死にしたため、諏訪は混乱状態にありました。

 

小笠原長時は謀略は中々長けていたようで、上田原の戦いから僅か2か月後の4月5日に村上義清と組み、安曇郡の仁科道外を味方に付け、武田信玄に下っていた上伊那郡箕輪城主藤沢頼親を離反させて味方につけました。

こうして安曇・筑摩・上伊那郡の豪族と北信濃の村上義清との連合に成功し気勢を上げました。

勢いづいた小笠原長時は武田領諏訪へ侵攻し、6月10日、諏訪下社を占領しました。

 

小笠原長時
小笠原長時
ふふふ、武田め、手がでまい!よし、諏訪湖西岸の矢島氏、花岡氏も味方に引き込むぞ

 

7月10日、小笠原長時のもくろみは成功し、諏訪西方衆の矢島氏と花岡氏は武田信玄に反乱を起こしました。

 

こうして勢いに乗った小笠原長時は軍を塩尻峠に進めたのです!

武田信玄と小笠原長時の塩尻峠の戦いのお膳立てが整いましたね!

 

塩尻峠の戦いの経緯

 

7月11日、遂に武田信玄は出陣、塩尻峠に向けて進めました。

兵数は小笠原軍の方が武田軍より多かったのですが、寄せ集めだったため結束力が弱く、関係は悪かったとされています。

武田軍は甲斐国と信濃国の国境近くにある大井ノ森(山梨県北巨摩郡長坂町今井)で進軍をストップします。

ここでなんと六日間も動かなかったのです。

 

小笠原長時
小笠原長時
ふん、信玄めが動かんのは戦備がまだ整わないか、上田原の戦いでの敗戦ショックかどっちかだろう。腰抜けめ

 

武田信玄
武田信玄
ふふふ、軍を動かなかったのは長時を油断させるためだ。すっかり油断したな。そろそろ始めるか!

 

武田軍の急襲

 

7月18日の夕刻、武田信玄は騎馬隊だけを率いて大井ノ森から出撃した。

軍の移動は隠密裏に行われ、翌19日の午前零時から午前2時の間に暗闇の中、塩尻峠に到着した。

 

合戦場所について

合戦場所は従来塩尻峠とされてきたが、近年の小和田哲男氏の研究で、塩尻峠の南側にある勝弦峠で行われたという説が浮上してきている。

合戦場所ははっきりとは判明していない。

 

画像

「塩尻峠の合戦場所の説明」

 

そして小笠原長時の本隊に近づき、夜が明けるのを待つ。

 

武田信玄
武田信玄
夜が明けたな。敵はまだ寝ている。進め~

 

これは典型的な朝駆けといわれる戦法で、武田信玄の作戦通りに進行し、小笠原軍は鎧兜を脱いで寝入っていたのです。

そこを急襲されました。

戦いは一方的に展開しました。

小笠原軍は何もすることができず敗走し、小笠原長時は僅かな兵に守られて居城の林城に退却しました。

小笠原軍は千人前後の戦死者がでたといいます。

 

塩尻峠の戦いの影響
  • 武田信玄は上田原の大敗の影響を、この大勝で払拭し、中信濃での影響力を強めた
  • その結果、9月6日には諏訪から佐久へ侵攻して前山城はじめ13の城を落とした
  • 小笠原長時は諏訪、伊那郡へ侵攻する力を完全に失った
  • 天文19年(1550年)7月に武田信玄は小笠原長時の居城の林城を陥落させた。

 

武田信玄対小笠原長時の塩尻峠の戦いをまとめてみた

 

いかがでしたでしょうか。

武田信玄と小笠原長時の塩尻峠の戦いは、武田信玄の采配が冴えて、一方的な勝利に終わりましたね。

格が違うという印象しかありません。

ともあれ、この戦いで武田信玄は中信濃に強力な影響力を持ち、小笠原長時を滅亡させる大きなきっかけとなりました。

見事な采配をまた執筆していきたいと思います。

最後までご覧くださりありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です