戦国時代

浅井長政はどんな人?イケメン等の逸話をわかりやすく解説してみた

浅井長政という戦国大名をご存じでしょうか?

戦国一の美女と名高いお市の方との結婚や、織田信長との戦い等で知名度は高いと思います。

しかし具体的に何をした人なのか?

どんな性格をしていたのか?

といったことは案外知られていないかもしれません。

ご存じでない方にわかりやすく解説していきたいと思います。

ご存じの方は復習にお読みください。

また、イケメンかどうか、義理堅い性格についての逸話も説明していますので。お楽しみいただけると幸いです。

 

浅井長政はどんな人か?本当にイケメン?性格は?わかりやすく簡単な解説

 

年表

◆1545年

近江の国観音寺城で浅井久政の嫡男として誕生

◆1559年 15歳

父の浅井久政を隠居させ当主となる

野良田の戦いで対立していた六角家を打ち破る

◆1563年 23歳

織田信長と同盟、妹のお市の方を正室として迎える

◆1570年 26歳

織田信長を裏切って朝倉義景の味方をし、金ヶ崎で織田軍を攻める

姉川の戦いで織田信長に敗北

◆織田信長に居城の小谷城を攻められ、父・久政と共に自害

その際正室お市の方と3人の娘を羽柴秀吉に引き渡した。

 

家督相続と六角家との戦い

 

浅井家は長政の祖父の亮政が下剋上を起こして守護の京極氏を傀儡とし、北近江を手に入れて大名になった。

しかし父の浅井久政が南近江の守護であった六角家との合戦に敗れ、六角氏に臣従していました!!

そのため浅井長政殿は六角家の居城観音寺城で生まれて幼少期を過ごし、生母・小野殿と共に人質になっていたのです。

15歳で浅井長政殿は元服。

六角家は当主の六角義賢の一字をとって、浅井長政殿に賢政と強制的に名付け、六角家家臣平井定武殿の娘と婚姻させました。

浅井長政
浅井長政
これは六角家の家臣と同じ身分だということを意味する。おのれ~、許さんぞ

1559年、浅井長政殿は立ち上がり、野良田の戦いで六角氏を打ち破った。

美紀姫
美紀姫
この時浅井勢は1万1千、六角勢は2万5千と言われている。長政殿は僅か15歳!しかし見事な戦ぶりに浅井家家臣は敬意と力強さを覚えたのです

そのこともあって六角氏に服従してお家を守るという方針の父・久政に反感を持つ家臣が長政を擁立して挙兵、久政を隠居させて、長政が浅井家当主となりました。

浅井長政
浅井長政
父を隠居させたが少々権力は残してある。ちと煩いが仕方ない

そして名前を六角家に無理やり名付けられた「賢政」から「新九郎」に戻し「長政」と改名し、強制的に婚姻させられた妻を六角家に返し、完全に独立したのじゃ!

なかなかやるのう~六角氏からの完全な独立じゃな!いつまでも六角氏に隷属していては、屈辱なだけじゃからのう~

織田信長との同盟

 

1563年に織田信長は浅井長政に同盟しようと提案してきた!

何故信長が同盟を結びたがっていたかというと、二つの理由があります。

まず一つ目は当時信長は美濃の斎藤氏と戦っていて膠着状態にあった。

そこで浅井家と同盟することにより、戦いを有利にさせようとした。

もう一つ目は上洛するには浅井家の北近江がある。

速やかに上洛できるように同盟したかったのです

 

浅井家中は賛否両論に分かれた。

浅井長政
浅井長政
うーむ、織田に恨みはないのじゃが、朝倉義景殿と織田信長殿と仲が悪いのが気にかかるのう~

浅井家にとって、朝倉家は長政殿の祖父・亮政の時からの盟友です。

そのため「朝倉家を攻撃しない」ことを条件に同盟しました。

そしてあの有名なお市の方が織田家から嫁入りしてきました。

政略結婚であったが、二人は仲睦まじく暮らしたのです。

 

織田信長との同盟の破棄と浅井長政の最期

 

1570年に織田信長殿は浅井長政殿との同盟で「朝倉家へ攻め込まない」という約束を破り、徳川家康殿と共に越前国の朝倉家を攻撃した。

浅井長政殿は朝倉家との関係を織田信長殿との同盟より重視し、悩んだ末に織田・徳川連合軍を背後から攻撃した(金ヶ崎の戦い)。

かなりのダメージを織田軍に与えるが、織田信長を取り逃がしてしまった。

九死に一生を得たわい。長政~許さんぞ

そして雪辱とばかりに織田信長殿は徳川家康殿と共に近江の国に侵攻してきた。

浅井長政殿は朝倉軍と共に、近江国・姉川で合戦したが、織田・徳川連合軍に大敗してしまいました!

この敗北により浅井家は弱体化してしまいましたが、織田信長の敵対勢力は他にもいたのです。

仏教勢力の本願寺や延暦寺、将軍足利義昭、武田信玄、朝倉義景と共に信長包囲網を結成します。

しかし1572年に中核的存在の武田信玄殿が病没してしまいました。

最強の敵・武田信玄が亡き者となって勢いづいた織田信長殿は、同年8月に朝倉氏を攻撃して滅亡させました。

そして返す刀で浅井長政殿の居城小谷城を攻撃、8月27日に父の久政殿が自害し、翌日28日には長政殿も自害、小谷城は落城し浅井家は滅亡したのです。

浅井長政殿は29歳という若さでした。

 

浅井長政はどんな人?エピソードを簡単に解説

 

本当にイケメン?

 

画像

「浅井長政殿の肖像画」

長女茶々が長政殿の追悼として描かせたものとされる。

 

浅井長政殿がイケメンがどうか分析してみましょう!

美紀姫
美紀姫
画像を見ると、ごっつい体型をしているようじゃ
肌は色白、二重顎に見えますね!少々太っているのかのう

現代風に言うと、色白ぽっちゃりのごつい青年というところでしょうか!

身長は182cmもあったとされ、当時の平均身長が157cmだったので、相当の巨漢でした。

ここで一つ、戦国時代は背が高くてがっちりして、恰幅の良い人がイケメンと呼ばれたんだそうです。

まあ、戦乱の世じゃから強い男がイケメンになるのは良く分かる。

でも今の時代の価値観ではどうなるのか?

イケメンとされるアイドルや俳優は痩せており、浅井長政殿とは明らかに違うのう。

浅井長政殿が「イケメン」というのは、主としてゲームからの影響が強いのじゃろう。

それと長政の自分に正直で不器用な性格、優しいところが現代でイケメンとされているのでしょうね!

 

義理堅く優しい性格

 

義理堅い

 

浅井長政はとても義理堅いと言われている。

織田信長と同盟を締結し、信長と一緒にが足利義昭を奉じて上洛した時に、家臣の遠藤直経が「今こそ信長殿に夜襲をかけ、討ち取るべき」と進言してきた。

浅井長政
浅井長政
騙し討ちとは武士として恥ずべきことだ。夜襲など卑怯なことは絶対出来ない

信長を討取る絶好の機会だったがきっぱりとはねつけました。

この時信長を討てば、長政が天下取りになっていたかもしれません。

他の戦国大名なら平気でやるでしょう!

長政殿の有名な義理堅さは、やはり信長殿が長政殿との約束を破って朝倉家を攻めた時、昔からの恩義を重んじて朝倉氏に味方したことじゃろう!どうみても信長殿に味方した方が得なのに!
美紀姫
美紀姫
長政殿は損得では動かないようじゃのう~

 

また、浅井長政は小谷城落城直前に家臣へ手紙を書いた。

内容は今まで自分に忠義を尽くしてくれたことへの感謝の気持ちです。

それは新しい主君に推薦するための内容(自分にこんなにも忠義を尽くしてくれた忠臣だ等)でもありました。

本当に義理堅く真面目ですね!

 

優しい性格

 

 

画像

お市の方の肖像画

 

浅井長政殿は織田信長殿の攻撃で小谷城が陥落する際、妻のお市の方と娘3人を織田信長殿へ引き渡しました。

戦国時代の結婚は対抗勢力との同盟関係を結ぶきっかけになるが、嫁入りした女性は人質でもあり、両家の関係が悪化すると処刑される時もあった。

しかし浅井長政殿は違った。

お市の方に危害を加えるどころか、3人の娘と共に安全な敵の織田信長殿のところへ送ったのじゃ!

お市の方は織田信長殿の妹、信長殿も妹は殺さないだろうと考えたんじゃないかと拙者は思う。

愛する妻と娘たちには幸せに暮らしてほしい。

浅井長政殿の優しさが表れている逸話じゃ。

本当に優しいお人じゃのう!

 

浅井長政がどんな人かを簡単にまとめてみた

 

いかがでしたでござろうか。

今回は浅井長政殿がどんな人かを簡単に解説いたした。

ポイントは以下の通りじゃ!

 

  1. 16歳で初陣。家臣の信望を集める
  2. 織田信長と同盟し、お市の方と婚姻する
  3. 織田信長が朝倉攻めをしたため、同盟を破棄する
  4. 織田信長と激しく戦うが、居城小谷城で自害
  5. 性格は義理堅く卑怯なことを嫌う
  6. とても優しく、妻と子供を愛した

浅井長政殿はイケメンと言われている。

ただ容姿より人間性が重要で、義理堅く凄く優しい。

こういう性格は戦国時代には珍しく、すがすがしさを感じる。

こんなところが戦国一の美人と評されるお市の方が惚れたんじゃないかなと拙者は思う。

もっと浅井長政殿を知りたいと思う。

最後までご覧いただき、誠に感謝いたす。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です